三国志蜀漢風雲

 三国志蜀漢風雲--武将能力について


本ゲームでは、武将の能力によって武将の強さを決めます。
一)主な武将能力
体力:武将のHPを左右します
精力:武将のMPを左右します
強攻:強攻系技の威力を左右します
強防:強攻系技に対する抵抗力を左右します
遠攻:遠攻系技の威力を左右します
遠防:遠攻系技に対する抵抗力を左右します
策攻:策攻系技の威力を左右します
策防:策攻系技に対する抵抗力を左右します
速度:技の速度と連携して、先攻めか後攻めかを決める
運勢:ミス、暴撃の確率を左右します

二)レベルアップによって能力の増加
レベルアップすることによって、武将の能力が上がります。
兵種によって、能力の上がり方が異なります。
例えば、騎兵は強攻能力がドンドン上がりますが、弓兵は主に遠攻能力が上がります。
そして、【神将】に昇格した武将は一般武将より能力が多く増えますので,昇格するなら、レベルまだ低い段階で昇格した方が効果が良いです。

三)戦いによって能力の増加
本ゲームの隠し技でもありますが、「技」を繰り返せば、レベルアップしなくても、相応の能力が上がります。
「繰り返せば」という言葉、ここでは「150回繰り返す」を意味します。
例を挙げて説明します。
劉備が強攻系の技(「仁義ノ剣」とか)を150回以上使えば(連続でなくても良い)、敵を倒したタイミングで、自動的に強攻能力が1ポイント増えます。
劉備が策攻系の技(「涙雨降注」とか)を150回以上使えば(連続でなくても良い)、敵を倒したタイミングで、自動的に策攻能力が1ポイント増えます。
そして、防衛系の能力も同じです。150回以上の強攻を受けましたら、レベルアップしなくても、強防能力が1ポイント増えます(増えるタイミングは敵を倒した時です)。
注:
1)【神将】に昇格した武将は150回ではなく、100回だけで能力が増えます。
2)補助系の技を繰り返せば、策攻能力が増えます。
3)この隠し技は、レベルがMax(一般武将は99級、神将は199級)に達した武将には適用しません。
4)この隠し技は、攻撃される側の軍団の防衛武将には適用しません。
5)既に能力値が999以上になった武将は、必要となる繰り返す回数は150ではなく、回数はランダムに増加されます。
6)加速ツール、自動クリックツールなどのカンニングツールを使ってこの隠し技を悪用する軍団に厳罰を与えます。







ゲームで歴史を学ぼう!